2011年03月22日

遺族年金計算機を設置しました

JUGEMテーマ:ビジネス
 遺族年金計算機を、共働きの家計管理と貯金のトップページに掲載しました。

・共働きの家計管理と貯金

ただし、遺族年金の概算を算出するものなので、計算の前提条件に当てはまらない方の場合は結果が正確なものとならない場合があります。

《計算前提条件》
●「その人の年収」は税込の給与年収を入力してください。
 (税込年収とは、いわゆる手取りではない「額面の年収」です。)

共働きで夫婦2人とも厚生年金保険に加入している人を前提に計算していますので、自営業者の方の計算結果とは異なります。

20〜30代の18歳以下の子供がいる共働き家庭を前提に計算していますので、40代以降の方の場合と計算結果が異なる可能性があります。

遺族厚生年金は、亡くなった人の年収の10%を前提に一律計算していますので、実際の計算結果とはやや異なる可能性があります。

●子供なしの30歳以下の妻の場合、遺族厚生年金は、5年で終了となりますので、「夫が亡くなった場合で、子供0人のときは、総支給額は5年分の金額を表示します。
※31歳以上の妻の場合は再婚するまで支給されます。


《ご利用に当たってのお願い》
※遺族年金計算機のご利用は、利用者の責任に基づいてお取り扱いください。
※遺族年金計算機のご利用による損害については一切責任を負いません。
※もし計算結果にエラーやおかしい点があれば、是非ご指摘いただければ幸いです。

なお、今後少しずつ、共働きの遺族年金・障害年金・健康保険ガイド!の記事を、共働きの家計管理と貯金に統合していく予定です。


posted by furi at 22:19 | 家計の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月05日

平成22年分の確定申告書作成コーナーOPEN

JUGEMテーマ:ビジネス

 平成22年分の確定申告書作成コーナーが、今年も国税庁のHPでOPENとなりました。

今年もすこーしデザインが変わっていますが、入力方法などはほとんど去年と変わりませんので、去年利用した人は迷わずに入力できると思います。

そして、これを受けて私のサイトも画像などを更新しましたので、確定申告の際は是非ご利用ください〜。

FXの税金と確定申告ガイド!

FX青色申告ガイド!

サラリーマン節税ガイド!
posted by furi at 14:40 | 確定申告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

再来年からはFXの税率は一律20%に?くりっくとの損益通算も?

JUGEMテーマ:ビジネス

平成23年度の税制改正大綱が閣議決定されました。
世間では法人税の減税や個人への増税等で大賑わいですが、FX投資家にとっても重大な改正があります。


それが、大綱の14ページにある、「店頭金融デリバティブ取引の、20%申告分離課税と、市場金融デリバティブ取引との損益通算・損失繰越可能化」です。


「デリバティブ取引」とは、先物取引やオプション取引などの差金決済が出来、売りからも取引できるものです。
つまり、FXも含まれます。


つまり、再来年平成24年の取引から、店頭取引FXも「20%申告分離課税」となり、くりっく365などの取引所FXの損益と通算でき、損失は以後3年間繰越可能となるわけです。


平成23年改正

↑↑↑↑↑クリックで拡大↑↑↑↑↑

しかし、こうなるとくりっく365のメリットはほとんどなくなってしまいます。
もしかしたら再来年からはくりっくも取引手数料無料とするなどのキャンペーンを頻繁に行うかもしれないですね。
実際、業界大手のインバスト証券は今年手数料無料キャンペーンを行ってますし。


今年店頭FXはレバレッジ規制で大変でしたが、再来年からは税制面の優遇でくりっくに追いつきますね。もしかしたらレバレッジ規制の際、金融庁との間で「レバ規制するならくりっくと同じように税制優遇にしてよ」という交渉があったのでわ?と勘ぐってしまいます(笑)。


金融庁の税制改正要望(20ページ目)では、上記の改正に加えて、特定口座での取り扱いを求めていましたが、大綱では言及が無いようで…
まだ分かりませんが、いずれは株と同じように特定口座で税金は源泉徴収、ということにもなるかもですね。



※12/16投稿時、「来年平成23年から」と間違って記載しておりました。正しくは「再来年平成24年から」です。お詫びして訂正いたします。
posted by furi at 22:23 | FXの税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。