2011年03月22日

遺族年金計算機を設置しました

JUGEMテーマ:ビジネス
 遺族年金計算機を、共働きの家計管理と貯金のトップページに掲載しました。

・共働きの家計管理と貯金

ただし、遺族年金の概算を算出するものなので、計算の前提条件に当てはまらない方の場合は結果が正確なものとならない場合があります。

《計算前提条件》
●「その人の年収」は税込の給与年収を入力してください。
 (税込年収とは、いわゆる手取りではない「額面の年収」です。)

共働きで夫婦2人とも厚生年金保険に加入している人を前提に計算していますので、自営業者の方の計算結果とは異なります。

20〜30代の18歳以下の子供がいる共働き家庭を前提に計算していますので、40代以降の方の場合と計算結果が異なる可能性があります。

遺族厚生年金は、亡くなった人の年収の10%を前提に一律計算していますので、実際の計算結果とはやや異なる可能性があります。

●子供なしの30歳以下の妻の場合、遺族厚生年金は、5年で終了となりますので、「夫が亡くなった場合で、子供0人のときは、総支給額は5年分の金額を表示します。
※31歳以上の妻の場合は再婚するまで支給されます。


《ご利用に当たってのお願い》
※遺族年金計算機のご利用は、利用者の責任に基づいてお取り扱いください。
※遺族年金計算機のご利用による損害については一切責任を負いません。
※もし計算結果にエラーやおかしい点があれば、是非ご指摘いただければ幸いです。

なお、今後少しずつ、共働きの遺族年金・障害年金・健康保険ガイド!の記事を、共働きの家計管理と貯金に統合していく予定です。





posted by furi at 22:19 | 家計の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。